病院法務

医療機関を取り巻く環境が大きく変化しています。従来は医師と患者の信頼関係の下、万が一患者が死亡したり、障害が残ったりしても、法的な係争になる事例は少ない状況でした。しかし昨今は民事訴訟だけではなく刑事訴訟の対象にもなり、あわせてマスコミの大々的な報道にもさらされて、医師個人だけでなく医療機関そのものも危機的な状況に陥ってしまうことも珍しくありません。

病院の一部の職員が片手間に対応できる時代は終わりました。病院として組織的かつ適切に対応しないと不必要な打撃を受け、そのダメージの回復に相当のエネルギーと時間を必要とします。

そのためにも病院は法務に関する専門部門をつくり、事態を正確に把握し、適確に対処しなければなりません。セイコーメディカルブレーンは医師と患者の相互信頼を前提にして、医学医療の発展を図るために医療機関側もきちんと法的対応部門を設置して対処すべきと考えます。

医療機関が萎縮診療と法的防衛医療を行なうようになることは、結果的には患者にとっても不利益になります。地域医療は患者と医療機関の協同行為であり、相互不信では成り立ちません。医療機関側が襟を正していくためにも、法的なリスクへの対策は不可避であろうと思います。

そのための足掛かりとしてセミナーを活用していただけたらと思います。

セミナー情報

お問い合わせ